メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひなまつり

まだまだ楽しい 素朴な素焼き土雛1500体 下呂/古い町並みに並ぶ3500体 恵那 /岐阜

 今月3日のひな祭り(桃の節句)は過ぎたが、下呂市や恵那市では来月初めまで、ひな人形にまつわるイベントが続く。週末を中心に多くの観光客らが訪れている。

素朴な素焼き、土雛1500体 下呂

 明治から昭和に作られた土雛(つちびな)約1500体が展示される「土雛まつり」が、下呂市の下呂温泉合掌村で開かれている。1カ月遅れの飛騨地方のひな祭りに合わせ4月3日までの開催で、カラフルに着色された素朴な素焼きの人形が来園者の目を楽しませている。

 まつりは1994年から始まり、各家庭に呼びかけて人形を収集した。下呂地方の多くの家庭では、江戸時代…

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1062文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです