メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

View+

大阪市 街に根付く、ご神木 住民に安心与え /大阪

社に榊を供える藤井義隆さん。3年に1度の枝切りの費用は、住民の寄付などでまかなう=大阪市中央区玉造で、小出洋平撮影

 大阪市中央区玉造2の車道真ん中に立つエノキに向かい、藤井義隆さん(68)は毎日手を合わせる。物心ついた頃、既にこの場所にあったと覚えている。周囲約1・8メートルの幹にしめ縄が飾られ、寄進されたという社もあるご神木。通勤途中の通行人や近所の会社員らがさっと手を合わせていく。

 周辺は高層化した集合住宅が増え、住民も入れ替わりつつあるが、エノキは変わらず残されている。その理由を古くからの住民に尋ねると、戦時中はこの木のそばに防空…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  3. 地震で中断の「定時で帰ります」 25日放送 吉高さん被災地にエール
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 東電柏崎刈羽原発、18日夜の地震で「異常あり」と誤送信 柏崎市長が激怒

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです