メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

拓本

マンホール蓋を 宇陀の中田さん、全国回り制作 /奈良

滋賀県彦根市のマンホールの拓本を制作する中田芙紗さん=同市尾末町で、西村浩一撮影

 全国を回りマンホールの蓋(ふた)の拓本を取り続ける拓本作家、中田芙紗さん(83)=宇陀市=が5日、滋賀県彦根市を訪れ、彦根のマンホールの拓本を制作した。

 中田さんは40代の頃、米文学研究者だった夫と米国を訪れ、レリーフの拓本を手伝ったのがきっかけで拓本を始めた。帰国後、大阪拓本クラブの会員として各地の石碑や文学碑などの拓本を制作。70歳ごろに病で倒れた際、自宅近くにあった…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  5. 職員2700人、給与額流出 ほぼ全員分、住所や学歴情報も 青森・弘前市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです