メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

遺骨発掘と自然人類学 先住民との信頼、不可欠=長谷川眞理子・総合研究大学院大学長

=藤井達也撮影

 私は、いろいろな動物の研究もしてきたが、もとは自然人類学の出身である。人類学というと文化人類学が有名だが、私の専門はそちらではなく、生物としてのヒトの進化を考える自然人類学の方だ。

 自然人類学を専攻できる大学は、日本には非常に少ない。その代表が東京大学と京都大学だ。いずれも定員が10人以下なので、日本で毎年誕生する自然人類学者の数は、たかが知れている。だからなのか、あまりその存在が世に知られてはいない。

 しかし、人類学の研究は、私たち自身に関するものなので、もっと注目されてよいと思う。また、科学と社会…

この記事は有料記事です。

残り1462文字(全文1716文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 米グーグル、年内にゲーム参入 専用機不要、業界の構図変動も
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです