メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

遺骨発掘と自然人類学 先住民との信頼、不可欠=長谷川眞理子・総合研究大学院大学長

=藤井達也撮影

 私は、いろいろな動物の研究もしてきたが、もとは自然人類学の出身である。人類学というと文化人類学が有名だが、私の専門はそちらではなく、生物としてのヒトの進化を考える自然人類学の方だ。

 自然人類学を専攻できる大学は、日本には非常に少ない。その代表が東京大学と京都大学だ。いずれも定員が10人以下なので、日本で毎年誕生する自然人類学者の数は、たかが知れている。だからなのか、あまりその存在が世に知られてはいない。

 しかし、人類学の研究は、私たち自身に関するものなので、もっと注目されてよいと思う。また、科学と社会…

この記事は有料記事です。

残り1462文字(全文1716文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  4. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです