メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

自由化から3年 電力安売り、合従連衡 サービス多様化は進まず

自由化を受けて合従連衝する電力・ガス大手

 2016年4月に始まった電力小売り全面自由化から間もなく3年。8兆円規模とされる家庭向けなどの市場で、大手電力とガス会社が合従連衡しながら顧客争奪戦を繰り広げている。販売合戦の結果、電力料金は数%程度下がったが、自由化のもう一つの狙いである省エネを促す料金プランなどサービスの多様化は進んでいない。【袴田貴行、真野森作】

この記事は有料記事です。

残り2066文字(全文2227文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. ミスド元アルバイト男性が不適切動画 食材触れる
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. ニッポンへの発言 キーワード 山口真帆さんへ=中森明夫
  5. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです