メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

思い出の品、返る日は 拾得物巡り揺れる被災地

持ち主が現れるのを待ち続ける大量の震災拾得物=岩手県陸前高田市で、喜屋武真之介撮影

 東日本大震災の津波で流され、持ち主が分からない写真や位牌(いはい)などの震災拾得物。「思い出の品」と呼ばれる通り、失われた古里の風景や亡き人とのつながりを呼び覚ます記憶が閉じ込められ、震災で傷ついた人たちの心を癒やす力を持っている。今も一部自治体で返却が続いているが、震災から8年を迎え、事業の終了や縮小も検討されている。今後、「思い出の品」をどう扱っていくべきか。被災地では議論が続いている。

この記事は有料記事です。

残り3935文字(全文4133文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  3. ORICON NEWS 伊藤健太郎&中川大志、『LIFE!』で水戸黄門の助さん格さんに
  4. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです