メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

思い出の品、返る日は 拾得物巡り揺れる被災地

持ち主が現れるのを待ち続ける大量の震災拾得物=岩手県陸前高田市で、喜屋武真之介撮影

 東日本大震災の津波で流され、持ち主が分からない写真や位牌(いはい)などの震災拾得物。「思い出の品」と呼ばれる通り、失われた古里の風景や亡き人とのつながりを呼び覚ます記憶が閉じ込められ、震災で傷ついた人たちの心を癒やす力を持っている。今も一部自治体で返却が続いているが、震災から8年を迎え、事業の終了や縮小も検討されている。今後、「思い出の品」をどう扱っていくべきか。被災地では議論が続いている。

この記事は有料記事です。

残り3935文字(全文4133文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです