メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
東日本大震災8年

思い出の品、返る日は 拾得物巡り揺れる被災地

持ち主が現れるのを待ち続ける大量の震災拾得物=岩手県陸前高田市で、喜屋武真之介撮影

 東日本大震災の津波で流され、持ち主が分からない写真や位牌(いはい)などの震災拾得物。「思い出の品」と呼ばれる通り、失われた古里の風景や亡き人とのつながりを呼び覚ます記憶が閉じ込められ、震災で傷ついた人たちの心を癒やす力を持っている。今も一部自治体で返却が続いているが、震災から8年を迎え、事業の終了や縮小も検討されている。今後、「思い出の品」をどう扱っていくべきか。被災地では議論が続いている。

この記事は有料記事です。

残り3935文字(全文4133文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです