メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

復興進捗、福島は4割 岩手・宮城ほぼ全て 原発事故で差 42首長調査

 国が被災地を手厚く財政支援する復興・創生期間が残り2年となるのを前に、毎日新聞は2月、被災自治体の首長42人(岩手12人、宮城15人、福島15人)にアンケートを実施した。復興の進捗(しんちょく)については、津波で被災した岩手、宮城両県のほぼ全ての首長が「復興した」「おおむね復興した」と回答。一方、原発事故の影響が続く福島県では、「復興した」はなく、「おおむね復興した」も4割にとどまった。

 津波被災地ではまちの再建など、ハード事業が最終段階を迎えているが、原発事故の被災地では住民帰還が進…

この記事は有料記事です。

残り1679文字(全文1925文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです