メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

復興進捗、福島は4割 岩手・宮城ほぼ全て 原発事故で差 42首長調査

 国が被災地を手厚く財政支援する復興・創生期間が残り2年となるのを前に、毎日新聞は2月、被災自治体の首長42人(岩手12人、宮城15人、福島15人)にアンケートを実施した。復興の進捗(しんちょく)については、津波で被災した岩手、宮城両県のほぼ全ての首長が「復興した」「おおむね復興した」と回答。一方、原発事故の影響が続く福島県では、「復興した」はなく、「おおむね復興した」も4割にとどまった。

 津波被災地ではまちの再建など、ハード事業が最終段階を迎えているが、原発事故の被災地では住民帰還が進…

この記事は有料記事です。

残り1679文字(全文1925文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです