メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『太平洋戦争下の全国の障害児学校 被害と翼賛』=清水寛・著

 (新日本出版社・7020円)

 全国民が軍事力・労働力と見なされていた時代。障害のある子どもたちもまた巨大な暗い渦に巻き込まれた。軍事教練や軍需工場での労働の他、マッサージの技療手などで戦地に赴き、命を落とした盲学校生もいた。本書は「通常の学校や健常な人たちと同じように、あるいはそれ以上に、被害と人権侵害を受けると同時に、(略)戦争に協力し加担していった」と指摘。「戦争の役に立てぬ者」と見…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  3. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  4. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  5. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです