メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

磯田道史・評 『十八世紀京都画壇 蕭白、若冲、応挙たちの世界』=辻惟雄・著

 (講談社選書メチエ・1836円)

「奇想の画家」のすごさ 緻密に言語化

 いまでこそ伊藤若冲の絵は人気だが、半世紀前はそんなことはなかった。「若冲なんて昔はゲテモノ扱い。ちゃんとした床の間には掛けらんなかったよ。第一、安かった」と、古株の画商に何度も聞かされた。この「ゲテモノ」画家たちをちゃんと評価したのが、本書の著者・辻惟雄(のぶお)氏である。『奇想の系譜』で、若冲たちを「奇想の画家」とし世に紹介した。当時も若冲の図録はあり、コレクターのプライス氏の注目はあったが、「奇想の画家」のすごさを緻密に言語化し、我々に突きつけたのは、辻氏の功績である。辻氏は医師になるため東大の理科二類に入ったものの理系科目が苦手で、美術史に進まれたそうである(『奇想の発見』)。この方針転換がなかったら、きっと若冲たちの再発見も大きく遅れていただろう。

 その辻氏が方々に書きためられた文章がまとめられ、『十八世紀京都画壇』と銘打って、今回出版された。本…

この記事は有料記事です。

残り1102文字(全文1520文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  2. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

  3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです