メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

磯田道史・評 『十八世紀京都画壇 蕭白、若冲、応挙たちの世界』=辻惟雄・著

 (講談社選書メチエ・1836円)

「奇想の画家」のすごさ 緻密に言語化

 いまでこそ伊藤若冲の絵は人気だが、半世紀前はそんなことはなかった。「若冲なんて昔はゲテモノ扱い。ちゃんとした床の間には掛けらんなかったよ。第一、安かった」と、古株の画商に何度も聞かされた。この「ゲテモノ」画家たちをちゃんと評価したのが、本書の著者・辻惟雄(のぶお)氏である。『奇想の系譜』で、若冲たちを「奇想の画家」とし世に紹介した。当時も若冲の図録はあり、コレクターのプライス氏の注目はあったが、「奇想の画家」のすごさを緻密に言語化し、我々に突きつけたのは、辻氏の功績である。辻氏は医師になるため東大の理科二類に入ったものの理系科目が苦手で、美術史に進まれたそうである(『奇想の発見』)。この方針転換がなかったら、きっと若冲たちの再発見も大きく遅れていただろう。

 その辻氏が方々に書きためられた文章がまとめられ、『十八世紀京都画壇』と銘打って、今回出版された。本…

この記事は有料記事です。

残り1102文字(全文1520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです