メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

佐藤優・評 『世界史の実験』=柄谷行人・著

 (岩波新書・842円)

柄谷思想とカトリシズムの親和性

 柄谷行人氏の思想的自叙伝の性格を帯びた興味深い作品だ。

 <私は一九六九年に夏目漱石論で群像新人文学賞(評論部門)を受賞した後、文学評論を数多く書き、一九七二年にそれらを『畏怖(いふ)する人間』、つぎに『意味という病』という本にまとめました。しかし、その後、文学評論が物足りなくなってきて、一九七三年ごろに、文学以外の評論を試みました。その一つは「マルクスその可能性の中心」で、もう一つは「柳田国男試論」です。それぞれ雑誌に連載したのですが、対象が異なるとはいえ、ほぼ同じ時期に構想し準備していたものです。だから、それらは必然的に交錯するものでした。/例えば、マルクスに関して、「その可能性の中心」を見るというのは、何を意味するのでしょうか。マルクスは体系的な思想家だと考えられています。(中略)/いうなれば、私はマルクスの思想の核心を、通常彼の著作において中心であると見なされていたような所ではなく、周縁に求めたのです>。柄谷氏のマルクス論の背景には、日本という特殊な文脈において共産主義革命をどのようにして行うかという特殊と普遍に関する問題意識があった。

 この問題意識を柄谷氏は柳田国男のテキストを読み解くことを通じて、中華帝国の周縁にある日本人の宗教意識(先祖信仰)が双系制にあるという結論に至る。

この記事は有料記事です。

残り1465文字(全文2044文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  5. 新型コロナに無為無策の菅政権 全額国費で「面の検査」「社会的検査」を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです