メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『硫黄島』 著者・石原俊さん

石原俊さん

 ◆石原俊(いしはら・しゅん)さん

 (中公新書・886円)

東京に残る「戦後零年」の島

 「第二次大戦時から今まで住民誰もが故郷に戻れない、他に例のない島が日本国東京都にある」。硫黄島含む小笠原諸島(東京都小笠原村)を研究してきた歴史社会学者による硫黄列島(硫黄島、北硫黄島など)史であり、多くの資料と島民らの証言を駆使した新書初の通史だ。

 硫黄島は、映画「硫黄島からの手紙」などで「玉砕の島」のイメージが強い。実は、19世紀末から日本のい…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文967文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです