サッカー

J1 札幌5-2清水 Aロペス4発、独壇場

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【札幌-清水】後半24分、シュートを決め、喜ぶ札幌のアンデルソンロペス=札幌ドームで2019年3月9日、竹内幹撮影
【札幌-清水】後半24分、シュートを決め、喜ぶ札幌のアンデルソンロペス=札幌ドームで2019年3月9日、竹内幹撮影

 (第3節・9日)

 <札幌5-2清水>

Aロペス4発、独壇場 新天地で存在感 興奮やまずピッチから落下

 札幌のアンデルソンロぺスが移籍後の初ゴールを含む4得点に、ハプニングありで主役をさらった。1-1の前半終了間際、「ゴールがほしかった」とPKを譲ってもらい、きっちり決めて勝ち越した。チームがリズムをつかみ、前線にボールが回り始めた後半4分、会場が騒然となった。

 ゴール前のこぼれ球をアンデルソンロぺスが右足で押し込み、自身2得点目でリードを広げた。ここまでは良かった。札幌ドームはピッチが移動式のためコンクリートの地面と段差がある。興奮のあまりサポーターへ向かってフェンスを跳び越えたが、地面は2メートルあまり下。「空中で気づき体勢を立て直した」というアンデルソンロぺス。落下のショックからか直後は地面に横たわって周囲を心配させたが、しっかり両足で着地しており…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文605文字)

あわせて読みたい

注目の特集