メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球

日本代表強化試合 メキシコ4-2日本 拙攻の侍、逆転負け

【日本-メキシコ】一回表日本2死一、三塁、吉田が中前に先制適時打を放つ=京セラドーム大阪で2019年3月9日、徳野仁子撮影

 <ENEOS SAMURAI JAPAN SERIES 2019>

 野球の日本代表「侍ジャパン」は9日、京セラドーム大阪で強化試合「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」のメキシコ代表戦を行い、2-4で逆転負けした。

 一回に代表初選出の吉田正が適時打を放って先取点を挙げると、先発の今永が2回1安打無失点、4奪三振と好投し、幸先良いスタートを切った。しかし、その後は何度も四球で好機をもらいながら攻めきれず、七回には4番手・松永が逆転を許し、若手主体で挑んだ2019年の初陣を白星で飾ることはできなかった。10日も同球場でメキシコ戦があり、日本は原(ヤクルト)が先発する。

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1179文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港デモ 白シャツ集団、参加者襲撃 反対派と逆のカラー
  2. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  3. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  4. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです