メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡・JR門司港駅

闇に浮かぶ、重厚な建築

 1914(大正3)年建築のJR門司港駅(北九州市門司区)が10日、6年以上に及ぶ保存改修工事を終えて「グランドオープン」する。9日は前夜祭としてライトアップの点灯式があった。カウントダウンの合図で点灯されると、105年前の創建当時の姿に復元された重厚な木造2階建て駅舎が照らし出され、幻想的な雰囲気…

この記事は有料記事です。

残り86文字(全文236文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストア店の業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. コープこうべ、開店後30分間を高齢者ら専用に 「知らなかった」引き返す一般客も

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 「海女の支援に」 アワビ稚貝と真珠のピンバッジが人気

  5. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです