メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

10連休、暮らしの支えは ごみ、祝日でも収集/病院、国が対応促す 生鮮市場は臨時開場

 皇位継承に伴って4月27日~5月6日が10連休になる。かつてない長期連休で、市民生活に影響が出そうだ。ごみ収集、食事、医療など暮らしに関わる動きや備えをまとめた。【千脇康平、道永竜命、三上剛輝】

 一般家庭は連休中に生ごみを出せるか。環境省は衛生問題を警戒し、生ごみを含む可燃ごみの収集が1週間以上空かないよう、各自治体に対応を促す。

 人口の約8割に当たる855自治体が参加する公益社団法人「全国都市清掃会議」などによると、東京23区…

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文874文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです