メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

いよいよ今週発売!バルミューダの新・空気清浄機に込められたサプライズ(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

2月12日、日本の家電メーカー・バルミューダが、空気清浄機の新モデル「BALMUDA The Pure(バルミューダ ザ・ピュア)」の発表会を開催した場所は、韓国・ソウルでした。100人以上の地元メディアほか、IT先進国である韓国では欠かせない存在である、インフルエンサーやブロガーも多数呼んでの大々的な催しで、このような大規模な製品発表会自体、韓国では珍しいことだったとか。製品も翌日、日本に先駆けて韓国で発売されました。

 

高級トースターのヒットで話題を集める存在ながら、“家電ベンチャー”であるバルミューダが、このようなサプライズ尽くしのイベントを展開した製品「BALMUDA The Pure」には、どういったサプライズが込められているのか? いよいよ日本での発売を直前に控え、現地で取材したイベントの模様と、寺尾玄社長へのインタビューによって迫ります。

↑韓国・ソウルでの発表会の様子。テレビ局を含む現地メディアや、インフルエンサーが多数出席
↑韓国・ソウルでの発表会の様子。テレビ局を含む現地メディアや、インフルエンサーが多数出席

 

バルミューダの空気清浄機は日本より韓国で売れている!

バルミューダは、2003年に寺尾玄社長が東京の自宅で起業。社員たったひとりからスタートした会社です。2010年に発売した高級扇風機「GreenFan(グリーンファン)」が大ヒットとなり、その後の“DCモーター搭載高級扇風機”ブームを作り出したのは、記憶に新しいところ。そのバルミューダが、最初に進出した海外市場が韓国でした。初進出は2012年、翌’13年に中国のPM2.5問題が世界的に注目されたことで、韓国でも同12月に発売した空気清浄機「JetClean(ジェットクリーン)」が爆発的にヒットし、今では日本の10倍を売るまでの人気商品となっています。つまりバルミューダにとって、今回のような大々的な発表会を催し先行発売するほど、韓国は特別な市場なのです。

↑新製品の「BALMUDA The Pure」は、日本に先立ち、韓国で2月13日に発売された。韓国での販売価格は74万9000円ウォン(日本円でおよそ7万4300円)
↑新製品の「BALMUDA The Pure」は、日本に先立ち、韓国で2月13日に発売された。韓国での販売価格は74万9000円ウォン(日本円でおよそ7万4300円)

 

空気をきれいにする動作を“光の柱”で表現している!

「コンセプトは、“空気をきれいにする光の柱”です!」と寺尾玄社長は壇上で、高らかに宣言。新モデルの「BALMUDA The Pure」は、2012年発売の「JetClean」、その後継機「AirEngine」で採用したタワー型のデザインはそのままに、流路やフィルターなど内部構造を一新し、性能も大幅にアップした全く新しい空気清浄機です。

↑新モデル「BALMUDA The Pure」
↑新モデル「BALMUDA The Pure」

 

↑前モデル「AirEngine」。このタワー型は、今回の新モデルでも踏襲した
↑前モデル「AirEngine」。このタワー型は、今回の新モデルでも踏襲した

 

コンセプトである“光の柱”の名のとおり、下部の開口部分がブルーの涼し気な色で光ります。上部から覗くとファンの間からこの光が漏れ、幻想的な雰囲気。

 

「数ある家電製品の中で、“今何をやっているか”が最も分かりづらいのが空気清浄機。つまり、空清(空気清浄機)は“その性能を体感できない”という大きな課題を抱えていた。そこで、機能を見える化することを考え、光を採用したのです。実際に、最大風量の『ジェットモード』で運転中に大きなホコリを吸い込むと、そのホコリが光に照らされて見えます」と寺尾社長。

 

光によって空清がたしかに働いていることを実感することで、購入後の満足感、また機能している安心感を得られるのです。また、「光」は機能面だけでなくデザインの一部としても設計しており、そこを強調すべく、本体デザインはできる限りシンプルにしたとか。

↑大きな吸気部に淡いブルーの光を放出する光源を備える
↑大きな吸気部に淡いブルーの光を放出する光源を備える

 

この吸気部の光は、運転モードによって照度が変化する仕掛けが施されています。ジェットモードを最大の明るさとし、風量3(強)・2(中)・1(弱)の順に暗くなっていきます。照度センサーとも連動しており、周囲が暗くなると明るさを絞って運転。ちなみにジェットモードとは、15分間最大風量で部屋の空気を循環させるモードで、「部屋の掃除中や掃除後、花粉の時期の帰宅後など急いで部屋の空気を清浄したいときに使って欲しい」(寺尾社長)。なお、通常は『オートモード』にしておけば、各種センサーにより部屋の中のニオイやホコリの量に応じて風量を自動で切り替えてくれます。

↑風量によって光の強さが変化するので、“働いている”感を得られる。また光の強さは、部屋の明るさにも感応し、就寝中は淡くなる
↑風量によって光の強さが変化するので、“働いている”感を得られる。また光の強さは、部屋の明るさにも感応し、就寝中は淡くなる

 

↑上部からも羽根の合間から淡い光が漏れて幻想的。トップに設けられた操作部は、電源オン/オフ、モードの切り替え、ジェットモードのみ、といたってシンプル
↑上部からも羽根の合間から淡い光が漏れて幻想的。トップに設けられた操作部は、電源オン/オフ、モードの切り替え、ジェットモードのみ、といたってシンプル

 

業界トレンドのスマートフォン連携をカットオフ

機能の可視化を、運転強度を“光”で示す、という方法で実現した「BALMUDA The Pure」。気になるのは、スマートフォンと連携させ、専用アプリ上で運転状況を確認できるようにする家電が増えているという業界のトレンドに、背を向けていること。

 

その理由について、寺尾社長は「(バルミューダでは、)2013年に加湿器とスマートヒーターでIoTの取り組みをしたが、思ったほど効果がなかった(から)」としています。「今の家電製品レベルでネットワークにつながっても、あまり意味がないと正直思っています。スマホで操作するより、空気清浄機まで歩いていってスイッチを押したほうが早い。それなのに、Wi-Fiのチップを搭載するだけで価格が跳ね上がってしまう。それはユーザーの利益にならないですよね」。空気清浄機としての基本性能とデザインを突き詰めた、シンプルな作りとした理由を説明しました。

 

↑フォトセッションに応じる寺尾社長
↑フォトセッションに応じる寺尾社長

 

“TrueHEPA”を活かすためにジェットエンジンの技術を採用!

フィルター性能も大きく変わりました。前モデルは“準HEPAフィルター”を搭載していましたが、新製品では“TrueHEPAフィルター”を採用、これにより、0.3μmの微粒子を99.97%キャッチすることに成功。韓国でも問題になっているPM2.5も、およそ30分で99.9%除去できるようになりました。加えて、サッカーフィールド6面分の表面積を持つ活性炭フィルターを搭載し、部屋の中のニオイを強力に除去します。

↑バルミューダが公表する、PM2.5除去性能試験の結果。30分で99.9%を除去する
↑バルミューダが公表する、PM2.5除去性能試験の結果。30分で99.9%を除去する

 

↑活性炭フィルター(脱臭フィルター、写真上)とTrueHEPAフィルター(集じんフィルター、写真下)は本体裏側にセットで収納
↑活性炭フィルター(脱臭フィルター、写真上)とTrueHEPAフィルター(集じんフィルター、写真下)は本体裏側にセットで収納

 

↑サッカーフィールド6面分の活性炭フィルターとTrueHEPAフィルターで、ニオイと微細なホコリを強力にキャッチする
↑サッカーフィールド6面分の活性炭フィルターとTrueHEPAフィルターで、ニオイと微細なホコリを強力にキャッチする

 

このTrueHEPAフィルターを新搭載するために、“風”も再設計されることとなりました。

 

「微粒子の捕獲量に勝るTrueHEPAフィルターが良いのは分かりきっています。しかし、集塵性能が高い分、空気抵抗が高い。しかも、“光の柱”というコンセプトを実現するためにフィルターの面積は小さく、その中で集塵性能を出すためには、フィルターに厚みを持たせて全体面積を稼ぐしかない……。この構造で大風量を作り出すことが、なかなか難しかったんです。それを解決したのが、新開発の“整流翼”です」(寺尾社長)

↑本体上部を開けてファン部分を簡単に取り外せるので、手入れも楽。写真左下が整流翼、右上が回転するファン
↑本体上部を開けてファン部分を簡単に取り外せるので、手入れも楽。写真左下が整流翼、右上が回転するファン

 

“整流翼”とは航空機のジェットエンジンに使われている技術で、それ自体は回転しません。下部のファンが回転して作り出した風を整え、まっすぐ上方に強力に吹き出すことを手助けするもので、これにより風量が15%アップ、ジェットモードで毎分7000Lもの空気を清浄することが可能になったといいます。

↑空気の流れのイメージ。整流翼によって垂直方向に強力に風を吹き出す
↑空気の流れのイメージ。整流翼によって垂直方向に強力に風を吹き出す

 

↑前モデルの、空気の流れのイメージ。風は強力だが渦を巻いて吹き上がっていた
↑前モデルの、空気の流れのイメージ。風は強力だが渦を巻いて吹き上がっていた

 

↑壇上や、タッチアンドトライコーナーで行われたジェットモードのデモでは、長い帯がまっすぐ上部に吹き上がった。強力な風が吹き出されていることが一目瞭然
↑壇上や、タッチアンドトライコーナーで行われたジェットモードのデモでは、長い帯がまっすぐ上部に吹き上がった。強力な風が吹き出されていることが一目瞭然

 

日本では3月14日から店頭販売スタート

「BALMUDA The Pure」は、日本では2月21日から予約を開始しており、3月14日からは店頭販売を開始。価格は5万2000円(税別)。本体寸法は幅260×奥行き260×高さ700mm、本体重量約7.4kg(フィルター含む)、清浄時間は8畳8分、最大消費電力72W、運転音19〜64dB、適用床面積(目安)36畳まで。カラーはホワイトのみ。交換用の集じんフィルターが7000円(税別)、脱臭フィルターが3000円(税別)、集じん・脱臭フィルターセットが9500円(税別)で、フィルターの交換目安は約1年。

 

バルミューダ「BALMUDA The Pure
5万6160円(税込)

 

バルミューダが韓国のビジネスモデルを変えた!

さて、バルミューダはこの韓国でどのような仕組みでビジネスを展開し、受け入れられることとなったのでしょうか?

 

バルミューダが進出した当初、韓国市場における空気清浄機の販売形態は、“本体は安くリースしてフィルターで儲ける”システムでした。しかし、バルミューダは当初から、現地代理店として協業するリモテック社とともに日本のような“本体売り切り”方式で展開。それが、美意識が高い韓国人の嗜好に、バルミューダのシンプルなデザインは見事にマッチしたことで、従来のリースでサービスだけを買うのではなく、気に入ったモノを手に入れる、というスタイルが受け入れられたのだといいます。

 

先述したように、今では日本の10倍(全世界の出荷台数は累計24万台)の販売台数を誇るまでに急成長。この成功を見て、サムスン、LGといった現地メーカーは本体販売ビジネスを取り入れ、さらにダイソンやブルーエアなど他の海外メーカーも参入することに。バルミューダが、韓国の空気清浄機ビジネスに変革をもたらしたわけです。

 

バルミューダの世界観を伝える店頭展開で韓国ユーザーの心をキャッチ

ではバルミューダの家電は、韓国で実際どのように販売されているのか、現場を確認してみましょう。これまで同社は、韓国ではテレビショッピングとインターネット通販に力を入れており、リアル店舗は現代(ヒュンダイ)グループの百貨店「Hyundai Pangyo dept」とインテリアショップ「THE CASHMERE」の8店舗のみでした。さらに韓国市場での売り上げ拡大を目指して、昨年12月からロッテグループの家電量販店「Hi-mart」の2店舗でも取り扱いをスタート。ハイマートは韓国全土に450以上の店舗を持つチェーン店で、バルミューダでは今後取扱店舗数を増やしていく計画だとか。

↑百貨店「Hyundai Pangyo dept」のバルミューダコーナー。これまではブランドの世界観を表現しやすい百貨店を中心に販売していた
↑百貨店「Hyundai Pangyo dept」のバルミューダコーナー。これまではブランドの世界観を表現しやすい百貨店を中心に販売していた

 

↑さらなる売り上げ拡大を図るべく家電量販店「Hi-mart」でも昨年12月から取り扱いをスタート。バルミューダ製品を一括して展示し、百貨店同様、世界観を大切にした売り場作りを行なっているという
↑さらなる売り上げ拡大を図るべく家電量販店「Hi-mart」でも昨年12月から取り扱いをスタート。バルミューダ製品を一括して展示し、百貨店同様、世界観を大切にした売り場作りを行なっているという

 

↑日本の代官山のようなファッションタウンにあるインテリアショップ「the CASHMERE」でも商品を展示。ITベンチャー成功者や芸能人が多数居住するアップタウンで、バルミューダのイメージアップに一役買っている
↑日本の代官山のようなファッションタウンにあるインテリアショップ「the CASHMERE」でも商品を展示。ITベンチャー成功者や芸能人が多数居住するアップタウンで、バルミューダのイメージアップに一役買っている

 

↑「the CASHMERE」店内にさりげなく置かれた「The GreenFan(ザ・グリーンファン)」
↑「the CASHMERE」店内にさりげなく置かれた「The GreenFan(ザ・グリーンファン)」

 

↑「BALMUDA The Light(バルミューダ ザ・ライト)」はキッズ向け商品の売り場にディズプレイ
↑「BALMUDA The Light(バルミューダ ザ・ライト)」はキッズ向け商品の売り場にディズプレイ

 

↑余談だが、店頭展示品として見つけた、トースターに水を注ぐ5mlのミニカップがマグネット仕様なのは、韓国だけのオリジナルだという。ぜひ日本にも“逆輸入”して欲しい。なお、トースターはこれまで全世界で累計70万台を出荷しており、そのうち50万台が日本、残り20万台のうち8割の16万台が韓国という
↑余談だが、店頭展示品として見つけた、トースターに水を注ぐ5mlのミニカップがマグネット仕様なのは、韓国だけのオリジナルだという。ぜひ日本にも“逆輸入”して欲しい。なお、トースターはこれまで全世界で累計70万台を出荷しており、そのうち50万台が日本、残り20万台のうち8割の16万台が韓国という

 

“家電ベンチャー”からの飛躍を誓う

バルミューダの2017年度の売上高は89億円。2018年度は100億円を見込んでいます。「2003年創業年度の売上高600万円から15年で1850倍に拡大したことになります。私は小さい頃から母に“一度できたことはもう一度できる”と言われて育ちました。それなら、今後15年でさらに1850倍にできるのではないか。そうなると日本有数の企業になるのではないか。という夢がやまない今日このごろです」と、意気込む寺尾社長。

↑今後15年でさらに1850倍を目指す! と寺尾社長は韓国メディアの前で大胆な意気込みを語る
↑今後15年でさらに1850倍を目指す! と寺尾社長は韓国メディアの前で大胆な意気込みを語る

 

それには、商品ラインアップと販路の拡充が不可欠。「今年夏頃には、皆さんをアッと驚かせることができる製品を発表できるのでは。その次は秋頃かな。来年にもたくさんの計画がありますよ」と寺尾社長は明かします。近年立て続けにリリースされたキッチン家電シリーズに連なるものか、まったく新しいジャンルへ挑戦するのか……。今から楽しみです。

 

販路に関しては現在、アジアでは韓国、中国、香港、台湾、欧州はドイツ、オーストリア、スイスがメイン。パン文化である欧米でいずれ「BULMUDA The Toaster(バルミューダ ザ・トースター)」を販売したいと考えているが、欧州の品質規制が厳しいため、まずは北米への取り組みを先行しているそう。「将来的には売上高の6〜7割が海外売り上げになることを目指します」と、寺尾社長は海外展開を積極的に取り組んでいく考えです。

 

かつて隆盛を極めた日本の家電メーカーが、今では光を失ってしまい、寂しく思っているのは筆者だけではないでしょう。バルミューダの韓国での快進撃は、もう一度、世界で輝く日本メーカーの姿を見られるのでは、そんな期待を抱かせるものでした。

 

写真/近藤克己、GetNavi web編集部

 

発表会in韓国のこぼれ写真

↑韓国のプレスに配布されたキット。新製品の資料のほか、同社の資料、寺尾社長の著書、またタッチアンドトライコーナーで風の吹き上げを実演するために使用していた紙風船もイン
↑韓国のプレスに配布されたキット。新製品の資料のほか、同社の資料、寺尾社長の著書、またタッチアンドトライコーナーで風の吹き上げを実演するために使用していた紙風船もイン

 

↑韓国での初めての発表会は、起業当時を振り返るところから始まった
↑韓国での初めての発表会は、起業当時を振り返るところから始まった

 

↑寺尾社長のフォトセッションにも多数のカメラマンが集結
↑寺尾社長のフォトセッションにも多数のカメラマンが集結

 

↑会場の外では、同社のトースターを使ってリベイクされたクロワッサンとコーヒーが振る舞われた
↑会場の外では、同社のトースターを使ってリベイクされたクロワッサンとコーヒーが振る舞われた

 

↑サーブにも多くのスタッフを配置
↑サーブにも多くのスタッフを配置

 

【関連記事】
コスパで話題のロボット掃除機が頂点に!「家電大賞2018」グランプリ&部門賞が決定
画像1枚でわかる! 床拭きロボット「ブラーバ」機能比較一覧
鍋ごと入れて調理ラクラク! コンパクトで庫内が広いデロンギのコンベクションオーブン
初代から3年半…ダイソン2代目登場で、ロボット掃除機は「間取り」を巡る新時代へ!
韓国で10万台売れたモデルが上陸! 奥行わずか18.3cmの空気清浄機「AIRMEGA 200」発売

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  3. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  4. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  5. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです