「あおり運転」前年比7.5倍 兵庫、全国ワーストに

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
兵庫県警本部=神戸市中央区で、黒詰拓也撮影
兵庫県警本部=神戸市中央区で、黒詰拓也撮影

 前方の車との距離を極端に詰める「あおり運転」をしたなどとして、道交法違反(車間距離不保持)の疑いで2018年に摘発されたケースが兵庫県内で1782件あり、前年の約7.5倍に激増したことが、県警の集計で明らかになった。車間距離不保持の摘発件数は全国ワーストだった。県内は高速道路網が発達していることも背景にあるとみられる。「あおり運転」が社会問題化しており、県警は取り締まりを強化し、危険性を訴えている。【黒川優】

 県警交通指導課によると、車間距離不保持による県内の摘発件数は、14年251件▽15年151件▽16年171件▽17年235件▽18年1782件――と推移。17年6月に神奈川県大井町の東名高速で、あおり運転により停車させられたワゴン車がトラックに追突され、夫婦が死亡した事故を受け、社会問題化した。全国の警察が取り締まりを強化している。

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文696文字)

あわせて読みたい

注目の特集