メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「あおり運転」前年比7.5倍 兵庫、全国ワーストに

兵庫県警本部=神戸市中央区で、黒詰拓也撮影

 前方の車との距離を極端に詰める「あおり運転」をしたなどとして、道交法違反(車間距離不保持)の疑いで2018年に摘発されたケースが兵庫県内で1782件あり、前年の約7.5倍に激増したことが、県警の集計で明らかになった。車間距離不保持の摘発件数は全国ワーストだった。県内は高速道路網が発達していることも背景にあるとみられる。「あおり運転」が社会問題化しており、県警は取り締まりを強化し、危険性を訴えている。【黒川優】

 県警交通指導課によると、車間距離不保持による県内の摘発件数は、14年251件▽15年151件▽16年171件▽17年235件▽18年1782件――と推移。17年6月に神奈川県大井町の東名高速で、あおり運転により停車させられたワゴン車がトラックに追突され、夫婦が死亡した事故を受け、社会問題化した。全国の警察が取り締まりを強化している。

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. クルーズ船で厚労省が検査ミス 23人、健康観察期間中の感染調べず 症状はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです