煙を吐いて「デゴイチ」 「SL北びわこ号」でデビュー JR北陸線

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「デゴイチ」の愛称で親しまれているD51形蒸気機関車が10日、JR北陸線米原(滋賀県米原市)―木ノ本(同県長浜市)間(22.4キロ)を走る観光列車「SL北びわこ号」としてデビューした。沿線や駅には、カメラを手にした多くの鉄道ファンが詰めかけた。

 これまでもC56形(愛称・ポニー)やC57形(愛称・貴婦人)が春秋の観光シーズンに走り、西日本…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文429文字)

あわせて読みたい

注目の特集