メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京大空襲から74年 慰霊法要で犠牲者を追悼

遺骨が納められている東京都慰霊堂で焼香する人たち=東京都墨田区で2019年3月10日午前11時43分、丸山博撮影

 一夜で推定約10万人が犠牲になったとされる東京大空襲から74年となった10日、遺骨が安置されている東京都慰霊堂(墨田区)や地域の地蔵尊などで慰霊法要が営まれ、遺族らが犠牲者を追悼した。

     友人と3人で慰霊堂を訪れた東京都江東区の金子千代さん(96)は、東京大空襲で叔母といとこ2人が犠牲になり、毎年3月10日に慰霊に来ている。「かわいそう。思い出したくない」とだけ話すと言葉を詰まらせ、目からあふれそうな涙をこらえていた。【丸山博】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
    2. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
    3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
    4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
    5. 大阪・岸和田で工場火災 8棟約2600平米焼く けが人なし

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです