メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ど派手な一発、度肝抜く 吉田正が満塁本塁打 侍ジャパン・メキシコ代表第2戦

【メキシコ-日本】一回裏日本無死満塁、吉田正が右越えに満塁本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2019年3月10日、徳野仁子撮影

 〇日本6―0メキシコ代表●(10日、京セラドーム大阪=強化試合「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」第2戦)

     2020年東京五輪で金メダルを目指す野球日本代表「侍ジャパン」は10日、京セラドーム大阪で、メキシコ代表との強化試合「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」第2戦を行い、6―0で快勝した。日本は一回、4番の吉田正の満塁本塁打などで5点を挙げた。吉田正は七回にも犠飛を放ち計5打点の活躍。若手主体で挑んだ19年の初陣は、1勝1敗で終わった。

     前夜の初戦で鮮烈な代表デビューを飾った次は、ど派手な一発で度肝を抜いた。初めて4番に座った吉田正は一回、代表初アーチとなる満塁本塁打を右翼席にたたき込んだ。

     一回は相手先発の不安定な立ち上がりを攻め、安打や四球に盗塁も絡めてリズム良く無死満塁まで好機を広げた。「先制点のチャンス。積極的に強く振ろう」と打席に立つ吉田正。2球目、146キロの低め直球を持ち前のフルスイングで捉える。ライナー性の打球は低い弾道のままスタンドに吸い込まれ「しっかり自分のスイングができた」と自賛した。

     5番で先発した9日の初戦も、一回に先制適時打を放って代表初打席で初安打、初打点をマーク。稲葉監督も「いろいろなことを感じて対応できる能力を持っている」と称賛する。この日は七回に犠飛も放ち2戦合計、5打数4安打6打点。データの少ない相手との試合が主な代表戦だからこそ、吉田正のような「国際舞台向き」の選手の存在は貴重だ。

     侍ジャパンの外野手には筒香(DeNA)や柳田(ソフトバンク)、秋山(西武)ら走攻守で日本球界のトップに立つ選手がそろう。それでも吉田正が与えたインパクトは大きい。試合後、「一発勝負の緊張感の中で相手に対応できたことはよかった。日の丸の重みを感じたし、またこのユニホームを着てプレーしたい」と語った。「初」もの尽くしの猛アピールで、初選出とは思えぬほどの輝きを放った。【角田直哉】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
    2. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
    5. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです