特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京・わたし

公式記録映画の監督・河瀬直美さん「記録できる立場、役割全うしたい」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京2020大会公式記録映画の監督になった河瀬直美さん=奈良市で2019年2月12日、加古信志撮影
東京2020大会公式記録映画の監督になった河瀬直美さん=奈良市で2019年2月12日、加古信志撮影

 東京2020大会の公式記録映画監督に就任した河瀬直美さんにどのような気持ちで撮影していくのか聞きました。【聞き手・山口一朗】

 ――東京2020五輪公式記録映画監督への就任おめでとうございます。

 ◆ありがとうございます。

 ――2018年10月に就任しましたが、いつごろ打診があったのですか。

 ◆直前です。東京2020大会組織委員会から「もし、就任したとしたら、どういうものを撮りたいか」という話がありました。それについては、ボランティアの皆様への思いがありました。10年から続ける「なら国際映画祭」(http://nara-iff.jp/)は、準備期間も含めた100日ほどの間で200人近い方がボランティアとして支えています。その人たちのスキルアップはもとより、みんなで集まってこのプロジェクトを成し遂げたという思いが、次の何かにつながります。今回の五輪のボランティアの皆様も、そこだけで完結するだけでなく、体験を生かして、今後のさまざまな活動につながっていくといいなと考えます。

 日本の「おもてなし」の気持ちは世界トップレベルです。海外に行くと、「日本人って、こんなに丁寧で、アテンド力があるのか」と感じます。なら国際映画祭でも、「こんなに丁寧に接してもらった経験はない」と海外からのゲストの皆様が口をそろえて言います。日本ではそのおもてなしの心でみんな友達になれるような感じがします。かけがえのない人になれる。そういうものを、しっかり持って帰ってもらえるようになるんじゃないか…

この記事は有料記事です。

残り3978文字(全文4618文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集