メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

日産GT-Rニスモは1分切りにあと一歩及ばず! それでも10年選手は世界の一級品[筑波サーキットテスト]

情報提供:カートップ

日産GT-Rニスモは1分切りにあと一歩及ばず! それでも10年選手は世界の一級品【筑波サーキットテスト】

ライバルのポルシェGT3は筑波で1分切りを達成している

■トラックコンディション

コース●筑波サーキットコース2000
気温●-2.1℃
湿度●56%
気圧●1025.2hPa

最速ラップタイム:1’01”047

 ラップタイム1分切りを目指して筑波サーキットでチャレンジしてきた日産GT-R。ライバルとするポルシェGT3はすでに1分切りを達成しているが、あと、少しのところで、1分の壁が切れない。そもそもR35GT-Rは基本設計から10年も経つ老兵だ。細部にわたるファインチューニングを繰り返してきたが、ポルシェのようなフルモデルチェンジは行われていない。絶対的なスピードではポルシェGT3に及ばないかもしれないが、600馬力を誇る2018年モデルのR35GT-Rニスモは老兵となっても、まだ現役で戦えるマシンなのかどうか?

日産GT-Rニスモ

 今回のテストでの最後の課題はダンロップブリッジの先にでてくる左80Rをどう攻略するのか? 第一ヘアピンから第二へアピンまでのインフィールドのタイムがポルシェGT3との差なのだ。重量が重く、フロントエンジンであるがゆえにアンダーステアが出やすい左80Rをどう走るのか。

日産GT-Rニスモ

 今回は雑誌CARトップとのコラボテストだったので、すでにタイヤは暖まっていた。最初のラップから攻める。第一コーナーと第一ヘアピンは立ち上がりのトラクションを生かすのが常套手段だが、セオリーを守っていてはタイムは削れない。ターンインを工夫し、アンダーステアを消す走法も試すべきかもしれない。

日産GT-Rニスモ

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. 熱烈人気「上海ディズニー」 じわじわ「中国風」好感 6月で開園3年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです