メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

W杯 高木美、1500世界新 1分49秒83

 【ソルトレークシティー共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)最終戦最終日は10日、米ソルトレークシティーで行われ、女子1500メートルで高木美帆(日体大助手)が1分49秒83の世界新記録で優勝した。従来のタイムを1秒02更新した。

 24歳の高木美はW杯の個人種目で通算10勝目で、うち8勝が1500メートル。9日は1000メートルで日本記録を樹立していた。

 男子500メートルは新浜立也(高崎健康福祉大)が連日の日本新記録となる33秒79でW杯3勝目を挙げ…

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  2. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  3. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  4. ORICON NEWS 松方弘樹さんの息子・仁科克基、父の“親友”梅宮さん追悼「親父と天国でまた大好きな釣りを2人で」

  5. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです