メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

アインシュタイン 漫才の実力蓄え初の全国ツアーへ “顔”が売れ、芸にも脚光

ポーズをとるアインシュタインの河井ゆずる(右)と稲田直樹=大阪府中央区で、小出洋平撮影

 今年1月、吉本の若手芸人「ブサイクランキング」で3年連続1位となり、殿堂入りを果たした稲田直樹。同時に河井ゆずるは「男前ランキング」1位に選ばれ、改めて2人の好対照ぶりが話題を呼んだ。結成9年目。人気・実力ともに上り調子の今年、初めて全国ツアーを開催する。

 「明るい自虐」にとどまらない稲田の自由なボケを、河井の正統派ツッコミが引き立てる。昨年は「NHK上方漫才コンテスト」で優勝し、全国放送の番組内コンテストで満点をたたき出すなど結果を残してきた。今月19日の大阪公演を皮切りに始まるツアーは、漫才の新ネタ中心に構成し、会場ごとに中身を変えて「2カ所、3カ所来ていただいても楽しめるものにしたい」と意気込む。

 芸人養成所の2年後輩だった稲田が「僕にはない華がある」と河井を誘い、2010年秋にコンビを結成した…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文974文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです