メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」 死と向き合い、より豊かに生きる

 がんを宣告された母の闘病を見守り、その死に立ち会う息子の姿を描いた映画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」(大森立嗣監督)が、静かな感動を呼んでいる。喪失からの回復を支援する「グリーフケア」の専門家らは「死とどう向き合い、どう生きていけばいいのか考えるヒントになる」と作品を高く評価している。

 「亡くなっていく方の気持ちをよく描いていた」と指摘するのは、上智大学グリーフケア研究所の高木慶子特…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです