メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

羽生さわやかマラソン

2395人が健脚を競う /埼玉

 第36回藍のまち羽生さわやかマラソン大会(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社など後援)が10日、羽生市の羽生中央公園陸上競技場を発着点に行われた。ハーフマラソン、10キロ、5キロごとの23種目にエントリーした県内外からの2395人が、さわやかな青空に恵まれた美しく平らなコースで健脚を競った。

 招待選手として、1988年ソウル五輪女子マラソン日本代表の浅井えり子さんや大東文化大、東洋大、日体大、平成国際大の各陸上競技部員らも参加。最北、最南からの参加者には「遠方賞」、男子75歳以上、女子70歳以上の参加者32人には「プ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  4. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです