メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「事故の本質知ろう」 脱原発トークイベント 松本 /長野

 東日本大震災から11日で8年になるのを前に、松本市で10日、「サラバ原発トーク~原発事故の本質を知ろう」と題したトークイベントが開かれた。

 市民団体の脱原発信州ネットワーク・松本が主催。東京電力福島第1原発事故の国会事故調査委員を務めた科学ジャーナリストの田中三彦さん(75)=茅野市=と、元京都大原子炉実験所助教の小出裕章さん(69)=松本市=が講演し、約90人が聴き入った。

 田中さんは航空写真を示しながら、東電が報告した津波の第1波、第2波の到達時間は1・5キロ沖合の波高…

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文478文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです