メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

俳優・演出家 小澤寛さん(69) /愛知

 俳優で演出家の小澤寛さん(69)=名古屋市熱田区=が演出する戦国ミュージカル「覇王の子」が5月11日、岡崎市民会館で上演される。2011年結成の「グレート家康公『葵』武将隊」の初代・徳川家康役を務め、当時のメンバーたちと「岡崎に恩返しを」と、念願だった岡崎公演に向けて準備を進めている。

 武将隊は家康や家臣の「徳川四天王」ら計9人がよろいかぶと姿で武将に扮し、イベントなどで家康生誕の地・岡崎をPR。現在は俳優や芸能活動を目指す2、3代目の武将たちが週末を中心に岡崎城で演舞を披露している。

 14年に武将隊を退いた後、「オフィスKAN」を設立し、自身がプロデュースする公演活動をスタート。「覇王の子」は家康の嫡男信康と、織田信長の嫡男信忠を主人公に元服から関ケ原の戦いまでを描いたオリジナル作品で、史実にフィクションを織り交ぜたミュージカル劇に仕立てた。自身も家康役で出演する。

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. ボーガンで3人死亡 23歳逮捕「家族に矢放った」 兵庫・殺人未遂容疑

  5. 持続化給付金 なぜ再委託? 差額20億円の用途は? 説明渋る与党

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです