メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オンツツジ

「育てる会」が最後の植樹 苗木に孫の名、花楽しみに 結成30年、活動に終止符 尾鷲・曽根地区 /三重

過疎、高齢化で

 オンツツジと紀伊半島南部にだけ分布するムラサキオンツツジが交ざって群生する尾鷲市曽根町の曽根城跡と城山公園周辺。例年、4月上旬からとなる開花時期には県内外から多くの人が訪れる観光スポットだ。市が公園を整備した1990年以降、地元の人たちがオンツツジの保護や生育に努めてきた。だが、地域の過疎と高齢化の進行で、平成の終わりとともに活動に終止符が打たれた。【下村恵美】

 30年前、地元住民ら約20人で結成した「オンツツジを育てる会」。当初、10本ほどだったオンツツジを…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後遺症残る伊丹市職員 友の分も生き 支える側に 尼崎脱線事故14年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです