特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会をライブ配信します。

特集一覧

第91回選抜高校野球

津田学園選手紹介 谷頭幹太選手(1年) 力強く、堅実な打撃 /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
津田学園の谷頭幹太選手=三重県桑名市のグラウンドで、谷口豪撮影 拡大
津田学園の谷頭幹太選手=三重県桑名市のグラウンドで、谷口豪撮影

 <第91回センバツ>

 力強く、堅実なバッティングが持ち味の左打者。「代打の切り札」として佐川竜朗監督の信頼も厚い。

 福井県若狭町出身。小学3年から野球を始め、中学からクラブチームで硬式を始めた。当時、公式戦での打率は4~5割で、チームの中心的な存在だった。2017年、夏の甲子園に出場した河村信吾さん(当時2年)と同じクラブで、甲子園で活躍する姿をテレビで見て津田学園入学を決めた。

 「自分が貢献できるのはバッティング」。強くバットを振って野手の間を抜くことを目指し、しっかりとした選球眼を養うことも心がけている。昨秋の公式試合では出場機会はなかったものの、春に向けての準備は怠らない。

 「チームが少しでも盛り上がるように、ピンチの時でも、みんなのメンタルを切り替えられるような言葉をかけたい」と、ベンチでも積極的に声を出すことを心がけている。【谷口豪】=随時掲載


素顔

 趣味は将棋。「相手の先を読む力が養われ、野球でも生かせる」と始めた。中学時代は休み時間にも友人たちと指していた。寝ることが好きで、11時間寝続けたこともある。

〔三重版〕

関連記事

あわせて読みたい