メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外強制不妊救済法が成立
湖国で働く

/54 島本微生物工業 発酵技術で土づくりを /滋賀

土を愛し、土を養い、根本を培う「真農の道」を説いた創業者、島本覚也氏の碑の前に立つ島本光久社長=滋賀県甲賀市の島本微生物工業で、佐竹義浩撮影

 「土づくりの駆け込み寺」。自社をこう評するのは、農業資材・健康食品の販売と農業の技術指導を手がける島本微生物工業(甲賀市水口町)の島本光久社長(51)だ。微生物や酵素の作用で土壌を豊かにし、作物の生命力を十分に発揮させる「島本微生物農法」を推奨し、化学肥料に頼らない循環型農業の普及に取り組んでいる。【佐竹義浩】

 人間をはじめ動物や植物、微生物などすべての生物は体内にある酵素の触媒作用により、物質の代謝・分解・…

この記事は有料記事です。

残り2105文字(全文2312文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです