メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京を拓く

/72 便利堂 複製の品質、世界が注目 /京都

酒井抱一の「夏秋草図屏風」をコロタイプで精巧に複製した屏風を背に笑顔を浮かべる便利堂の尾崎正樹さん=京都市中京区の同社で、中山和弘さん撮影

 <The Frontiers of Kyoto>

 京都市中京区の便利堂は、美術印刷や出版の老舗として知られる。1887(明治20)年創業から130年余り。絵画や古文書をできるだけ原本に近い色と状態の複製にする「コロタイプ」で世界随一の技術を持ち、奈良・法隆寺や高松塚古墳の壁画の保存複製をはじめ、数々の国宝や貴重な文化財の保存に貢献してきた。技術陣の中核を担う工房長代理の尾崎正樹さん(40)は「原本から伝わる魅力を多くの人に伝えたい」と静かに力を込める。

 コロタイプは19世紀に欧州で生まれた写真印画技法。便利堂は1935(昭和10)年に国宝・法隆寺壁画…

この記事は有料記事です。

残り1561文字(全文1840文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです