メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

卓球マスターズ女王・枚方の片岡年子さん デビューは33歳 30年で栄冠「家族のおかげ」 /大阪

全日本卓球選手権大会のトロフィーを手にする片岡年子さん=大阪府枚方市村野西町で、加藤佑輔撮影

 昨年10月の全日本卓球選手権大会(マスターズ・女子60歳以上の部)で、枚方市香里ケ丘の片岡年子さん(63)が優勝を果たした。子育て真っ最中だった33歳で卓球を始めた片岡さん。個人では初の日本一となった。「ママさんアスリート」が栄冠をつかむまでの、30年間の歩みを聞いた。【加藤佑輔】

 2人の子どもが小学校低学年と幼稚園児だったころ、近所のママ友に誘われ、33歳で卓球を始めた。学生時代は陸上部で短距離走の選手だったが、卓球は未経験。最初はラケットにボールを当てるのに苦労した。ママ友と交代で子どもをあやしながら、週に数回、近くの体育館に通った。

 始めて数年は、地域の大会でも初戦敗退が続いた。転機が訪れたのは37歳の時。当時は鉛筆を持つようにラ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首脳ゴルフは「真剣な仕事、欠席お許しを」 T20会合で政府大使
  2. 北海道・佐呂間で39度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上
  3. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  4. 学校ストライキ 「学校行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人参加
  5. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです