メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

心象但馬書展

学生部 優待生決まる 15日から長寿の郷で /兵庫

 書写教育の振興と書道芸術の発展に取り組む養父市の心象書道会(西野桃笠代表)は、15~17日に同市八鹿町国木の県立但馬長寿の郷で「第47回心象但馬書展」(創玄書道会、但馬県民局、養父市など後援)を開催する。同書展学生部で過去に一定の入賞を重ねた優待生と、今回の入賞者を発表した。3回に分けて紹介する。

 同書展では、一般部150点、学生部414点、特別展示44点の計608点を展示。17日午前11時から表彰式を行う。

 午前9時半~午後5時(最終日は午後3時半)。期間中の16日午後2~3時、会場でワークショップを開く…

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1053文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 人面魚、今も山形の寺に 昭和→平成→令和へ
  4. 「給料泥棒」「ずるい」 7年育休のNHKアナ退職、バッシング殺到の背景は?
  5. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです