特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

挑む!2019センバツ明石商

選手紹介/6 横山虎太郎内野手/宮本啓吾内野手 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <第91回選抜高校野球>

バットで流れ変えたい 横山虎太郎内野手(2年)

明石商の横山虎太郎内野手=兵庫県明石市の同校で、黒詰拓也撮影 拡大
明石商の横山虎太郎内野手=兵庫県明石市の同校で、黒詰拓也撮影

 豪快なスイングが魅力の長距離打者。この冬はさらに磨きを掛けるために振り込んだ。「打席に入ればホームランを狙う」。チームが苦境の時こそ、バットで流れを変えたいと思っている。

 持久力が足りないと感じており、石段を駆け上がる筋トレではみんなから遅れがちだ。ただ、手を抜かずにしっかり自分のペースで登り切る。太ももの周りはおそらくチーム随一の約60センチ。どっしりとした下半身から力強い打球が放たれる。

 淡路島出身で、高校野球を見据えて中学時代は1日5食とって体重を増やしてきた。好きな言葉は「笑顔」という。人懐こい笑みが特徴で、みんなから「コタ」と呼ばれて親しまれている。肉まんやオムライスが好き。

 ◆内野手・捕手▽身長171センチ、体重76キロ▽右投げ右打ち▽洲本・青雲中


相手嫌がるランナーに 宮本啓吾内野手(2年)

明石商の宮本啓吾内野手=兵庫県明石市の同校で、黒詰拓也撮影 拡大
明石商の宮本啓吾内野手=兵庫県明石市の同校で、黒詰拓也撮影

 50メートル6秒1の足と守りで貢献する。チーム最速を目指すために、普段の練習以外でも、太ももの裏の筋肉を鍛える方法を調べて実践してきた。センバツでその成果を出すつもりで「相手が嫌がるランナーになりたい」。

 2歳上の兄の影響を受けて小学1年で野球を始めた。中学時代は大阪で過ごしたが「甲子園に一番近く、自分も成長できる学校」が明石商だと思い進学。準備することの大切さを学び、私生活にもつながっているという。

 好きな野球が思う存分できることに、感謝の気持ちを持たなければと思っている。サッカーも得意で、保健体育の授業で活躍している。バラエティー番組を見るのが好き。大学でも野球を続けようと考えている。

 ◆内野手▽身長170センチ、体重63キロ▽右投げ右打ち▽大阪府・箕面第一中

〔神戸版〕

次に読みたい

あわせて読みたい