メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

盲ろう者、地震想定し訓練 NPO法人実施「避難経路、体で覚えて」 /和歌山

通訳・介助者の支援を受けながら車椅子で避難する盲ろう者の男性=和歌山市美園町5の美園商店街で、木原真希撮影

 東日本大震災では、障害者ら災害弱者の避難が課題となった。目と耳いずれも不自由な「盲ろう者」への行政の支援は今も不十分なままだ。和歌山市のNPO法人「和歌山盲ろう者友の会」は2月下旬、南海トラフ巨大地震を念頭に初の避難訓練を実施し、独自の対策に取り組み始めた。【木原真希】

対応施設ゼロ 避難所生活に課題も

 和歌山市のみその商店街にある同会事務局。通訳・介助者が地震を想定して盲ろう者3人の体を揺らした。揺れが収まると盲ろう者たちは白杖(はくじょう)を持って歩いたり、介助者に車椅子を押してもらったりして避難を始めた。3人は手に触れた状態で手話をする「触手話」で介助者から状況説明を受けながら、避難所と仮定した建物に約10分かけて到着した。

 同会理事長で盲ろう者の小杉純弘さん(63)は訓練後、「見えないし聞こえないので状況が分からず避難が…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. 学校ストライキ 「行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人
  3. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  4. 藤井七段が小6の弟弟子に負けちゃった 故郷で12人と同時対局 「鋭い攻めうまい」(スポニチ)
  5. わたしの歩跡 大部屋出身の俳優 土平ドンペイさん(52)=草津市/19 凶悪な形相で赤ちゃん言葉 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです