メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

盲ろう者、地震想定し訓練 NPO法人実施「避難経路、体で覚えて」 /和歌山

通訳・介助者の支援を受けながら車椅子で避難する盲ろう者の男性=和歌山市美園町5の美園商店街で、木原真希撮影

 東日本大震災では、障害者ら災害弱者の避難が課題となった。目と耳いずれも不自由な「盲ろう者」への行政の支援は今も不十分なままだ。和歌山市のNPO法人「和歌山盲ろう者友の会」は2月下旬、南海トラフ巨大地震を念頭に初の避難訓練を実施し、独自の対策に取り組み始めた。【木原真希】

対応施設ゼロ 避難所生活に課題も

 和歌山市のみその商店街にある同会事務局。通訳・介助者が地震を想定して盲ろう者3人の体を揺らした。揺れが収まると盲ろう者たちは白杖(はくじょう)を持って歩いたり、介助者に車椅子を押してもらったりして避難を始めた。3人は手に触れた状態で手話をする「触手話」で介助者から状況説明を受けながら、避難所と仮定した建物に約10分かけて到着した。

 同会理事長で盲ろう者の小杉純弘さん(63)は訓練後、「見えないし聞こえないので状況が分からず避難が…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文920文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  4. こんな手口聞いたことない 認知症の高齢者から自宅聞き出し、貴金属業者呼んで強盗

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです