メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

「涙の意味」語り継ぐ 被災者ら、記憶の風化に警鐘 北区 /岡山

写真を使いながら現地の様子を伝える斉藤直志さん=岡山市北区の県立美術館で、戸田紗友莉撮影

 2011年3月11日の東日本大震災から8年になるのを前に、岡山市北区の県立美術館ホールで10日、「東日本大震災啓発フォーラム2019 災害をかたりつぐということ。」が開かれた。被災した音楽家や語り部が演奏や講演で体験を語り、参加した市民らが耳を傾けた。【戸田紗友莉】

 東日本大震災を契機に県内に移住した人たちを支援する一般社団法人「ほっと岡山」が主催した。

 宮城県亘理(わたり)町で被災したシンガーソングライターの森加奈恵さん(52)は、ギターで震災をテー…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです