メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春の吟行会・句会

屋島の情景詠む 俳句愛好者が吟行 19日から「扇誉亭」で作品展 高松 /香川

短冊に句を書く「香川馬酔木・花鶏の会」の会員たち=高松市屋島東町の扇誉亭で、潟見雄大撮影

 高松市屋島東町の扇誉(せんよ)亭で10日、県内の俳句愛好家たちでつくる「香川馬酔木・花鶏の会」(岡汀子会長)が春の吟行会と句会を開いた。「いにしえより未来へ 屋島を詠む」をテーマに参加者たちは各5句を詠んでいた。

 同会の会員約20人が参加。屋島山頂周辺を散策し、訪れていた人たちの様子や情景を詠んだ…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  4. ラグビーW杯 ナミビア人親子に密着 台風で中止「日本は完璧主義」

  5. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです