再生可能エネルギー

日本の目標低い 国際競争力で不利に 国際機関事務局長

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
アドナン・アミン国際再生可能エネルギー機関事務局長=東京都港区で、大場あい撮影
アドナン・アミン国際再生可能エネルギー機関事務局長=東京都港区で、大場あい撮影

 国際再生可能エネルギー機関(IRENA)のアドナン・アミン事務局長が来日し、東京都内で毎日新聞の取材に応じた。アミン氏は、政府のエネルギー基本計画で2030年に再生エネの電源比率22~24%を目指すと掲げていることに対し、「今の目標は非常に低い。世界で再生エネの導入が進むと、日本はこのままでは(国際競争力などの面で)不利になる」と指摘した。

 IRENAは太陽光や風力など再生エネの推進や情報収集、普及支援を目的に、2011年4月に正式発足した国際機関。事務局はアブダビにあり、160カ国・地域が参加。日本は現在、理事国を務めている。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文647文字)

あわせて読みたい

注目の特集