メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

忘却と楽観=山田孝男

 経済産業省がつくった最新の原発政策の解説図を眺め、対米開戦直前、天皇の質問に答えた参謀総長の説明を思い出した。

 目標達成の難しさが軽視され、希望的観測、根拠のない楽観論に基づいて短期必勝を妄想する。

 大局より目先を優先した結果の無責任--という点で、太平洋戦争と原発政策はよく似ている。

     ◇

 1941(昭和16)年9月5日、天皇から「絶対に勝てるか?」と聞かれた杉山元(はじめ)・陸軍参謀総長がこう答えた。「絶対とは申しかねます。しかし、勝てる算のあることだけは申し上げられます。必ず勝つとは申し上げかねます」

 参謀総長の奉答は日本軍の短期必勝の妄信と不安の表明であり「近視眼的な考え方」(「失敗の本質」中公文…

この記事は有料記事です。

残り1015文字(全文1325文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 米グーグル、年内にゲーム参入 専用機不要、業界の構図変動も
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです