メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

認定漏れる関連死 審査、悩む被災自治体

仮設住宅の自室に戻る女性=福島県南相馬市で2019年3月10日、小出洋平撮影

 政府は地震や水害などの災害による関連死の認定基準を設けない方針を決めたが、東日本大震災の被災自治体を対象にした毎日新聞のアンケート結果からは、基準や公表状況にばらつきがあることや、多くの市町村が統一的な基準を求めている実態が浮かび上がった。地域や災害によって千差万別の関連死をどう認定すればいいのか。自治体の課題は残されたままだ。【最上和喜、安高晋】

この記事は有料記事です。

残り2223文字(全文2399文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師に捧げる初優勝
  5. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです