メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

臨時災害FM 癒やし、つなぐ 重要に

放送終了直前に感謝の気持ちを語る「南相馬ひばりエフエム」のスタッフら=福島県南相馬市役所で2018年3月25日、尾崎修二撮影

 東日本大震災では大きな被害が広範囲に出たため、マスメディアが安否情報やライフラインの情報を十分届けられなかった。役割を果たしたのは震災後に各地に開設された臨時災害放送(FM)局だった。早いところでは震災当日に発足し、岩手、宮城、福島、茨城4県で過去最大の30局がリアルタイムにきめ細かな情報を伝えた。

 「当初は支援物資の配布場所など緊急的な情報を流していたが、次第に楽しんでもらえるものへとシフトして…

この記事は有料記事です。

残り1329文字(全文1530文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 山頂に沈む満月 令和初の「パール槍ケ岳」
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです