特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

希望新聞

東日本大震災 被災地を描く 鉛筆胸に支援の旅 阪神大震災契機に東日本、熊本へ

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
流された魚網が壁面に張り付く宮城県南三陸町の倉庫=11年3月31日デッサン
流された魚網が壁面に張り付く宮城県南三陸町の倉庫=11年3月31日デッサン

 肩掛けバッグから、B4サイズのスケッチブックを取り出した。胸ポケットに差した鉛筆は芯のやわらかいB系。上空を春の風が走る。雲間から見え隠れする日差しが復興途上の街の色を微妙に変える。行きかう人たちが足を止め、おしゃべりに興じる。神戸市長田区の1級建築士、曹弘利(チョホンリ)さん(65)がデッサンを始めた。建築設計事務所が焼失した1995年1月の阪神大震災以降、各地の災害被災地を支援で訪ねながら、建物や人々の描写を続ける。新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震など描いた枚数は100を超えた。【栗田慎一】

 なぜ、描くのか。「モノや人を頭の中で形を再構築するには、深く見て考えなくちゃいけない。建物ならタイルは何枚か、柱の太さは、壁の材質は、そこで生きてきた人生は。写真は忘れてまうけど、絵を描けば忘れない。自分が忘れないためです」。鉛筆を動かしながら曹さんが言う。描かれた線からは、描き手のやさしさが伝わってくる。

この記事は有料記事です。

残り1345文字(全文1754文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集