メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望新聞

東日本大震災 被災地を描く 鉛筆胸に支援の旅 阪神大震災契機に東日本、熊本へ

流された魚網が壁面に張り付く宮城県南三陸町の倉庫=11年3月31日デッサン

 肩掛けバッグから、B4サイズのスケッチブックを取り出した。胸ポケットに差した鉛筆は芯のやわらかいB系。上空を春の風が走る。雲間から見え隠れする日差しが復興途上の街の色を微妙に変える。行きかう人たちが足を止め、おしゃべりに興じる。神戸市長田区の1級建築士、曹弘利(チョホンリ)さん(65)がデッサンを始めた。建築設計事務所が焼失した1995年1月の阪神大震災以降、各地の災害被災地を支援で訪ねながら、建物や人々の描写を続ける。新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震など描いた枚数は100を超えた。【栗田慎一】

 なぜ、描くのか。「モノや人を頭の中で形を再構築するには、深く見て考えなくちゃいけない。建物ならタイ…

この記事は有料記事です。

残り1450文字(全文1754文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです