特集

読者の広場

「女の気持ち」「男の気持ち」「みんなの広場」「仲畑流・万能川柳」「人生相談」など、読者からの投書・声を集めました。

特集一覧

人生相談

推敲を終えるめどは?=回答者・高橋源一郎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 毎月、ミニコミ誌のコラムを執筆しています。原稿執筆後、2日ほど寝かせておいてから推敲(すいこう)すると、元の原稿より良く仕上がっているように思います。さらに、再々推敲すると、もっと良く仕上がっているように思えますので、締め切りまで推敲を続けます。締め切りが無ければ推敲にはキリがないのでは、と思うのです。職業作家の方々はどの段階で推敲を終えるのでしょうか。(56歳・女性)

 おっしゃる通り、たいていの文章は推敲すれば良くなります。ですから、時に、「泥沼」に陥るほど、わたしたちは文章を直したくなるのです。それが特にうまくいくのは、「論説」の類いの文章です。わたしは長く「論壇時評」を続けましたが、担当記者の、作家とは異なる視点からの鋭い指摘に冷や汗をかきながら修正をすると、明らかに「良く」なっていくことに驚いたのでした。中身も文章も。もちろん、ご指摘のように、時間との闘…

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文857文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集