メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Dr.北村が語る現代思春期

増える子ども虐待 妊娠期から支援切れ目なく

 子ども虐待とは保護者が子どもに対し、殴る、蹴る、激しく揺さぶる身体的虐待▽子どもへの性的行為や性的行為を見せる性的虐待▽食事を与えない、衣類を替えないなど育児を放棄するネグレクト▽「生まれてこなければよかった」など言葉による脅しやきょうだい間での差別▽子どもの目の前で家族に暴力をふるう心理的虐待--などをいいます。

 近年、子ども虐待は深刻な社会問題になっています。2016年と17年には2年続けて児童福祉法等が改正…

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1114文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです