メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・きらり

私の居場所は「北欧」 翻訳家・柳澤はるかさん

開催中の企画展「アルヴァ・アアルト もうひとつの自然」で、「フィンランドの森が大好き」と語る柳澤はるかさん=東京ステーションギャラリーで、竹内紀臣撮影

 <ki ra ri>

 東京ステーションギャラリー(東京都千代田区)で開催中の企画展には、シラカバの素材を生かしたシンプルな椅子が並んでいた。フィンランドを代表する建築家、アルヴァ・アアルトのデザインだ。自宅にある同じ椅子は、組み立て式のコンパクトなパッケージで届いたという。「軽量化で配送時のCO2(二酸化炭素)を減らそうとしている点が北欧らしい。森を感じられるところも好き」。緩やかなL字を描く椅子の脚の曲線に、穏やかな視線を送った。

 会社員を経て、翻訳家やライターとして活動する。初の翻訳書で、典型的なフィンランド人の習性を描いた「マッティ」シリーズは重版し、海外漫画の作品賞を受賞した。最近ではトークショーなどで北欧文化を紹介する機会が増え、フィンランド・北欧文化研究家の肩書も加わった。

この記事は有料記事です。

残り1580文字(全文1928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  2. 3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです