メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

W杯 高速リンク、日本新続々 男子500・新浜、女子500・小平、女子1000・高木美

 【ソルトレークシティー共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)最終戦は9日、米ソルトレークシティーで開幕し、男子500メートルで22歳の新浜立也(高崎健康福祉大)が日本記録を大幅に更新する33秒83で2位となった。パベル・クリズニコフ(ロシア)が33秒61の世界新で優勝。

 従来の世界記録はクリズニコフの33秒98、日本記録は加藤条治(博慈会)が2013年に出した34秒21だった。村上右磨(村上電気)は34秒11で3位に入った。

 女子の500メートルは小平奈緒(相沢病院)が36秒47で自身の日本記録を0秒03更新して優勝。W杯…

この記事は有料記事です。

残り2537文字(全文2806文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです