メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

見守ってね 看護師の道、20歳になった親友へ

松原啓太さんの墓参りに訪れた田中彩絵美さん=岩手県大船渡市で2019年3月10日、渡部直樹撮影

 岩手県大船渡市の岩手医大看護学部2年、田中彩絵美(さえみ)さん(20)は10日、津波の犠牲になった大船渡北小6年、松原啓太さん(当時12歳)の墓参りをした。幼いころから双子のように過ごし、1月の成人式には遺影を持って出席した。松原さんの祖父、久池井(くちい)力さん(71)とは連絡をきっかけに交流を始め、お互いに新たな道を歩み出している。【藤井朋子】

 黄色のカスミソウとピンクのカーネーションを墓前に供えて、両手を合わせた。田中さんはこの日、大船渡市…

この記事は有料記事です。

残り1178文字(全文1404文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  5. ローソン「悪魔のおにぎり」1000万個超え 王者ツナマヨ抜き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです