メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

W杯 新浜が日本新33秒83 高速リンク 女子500・小平、女子1000・高木美も

 【ソルトレークシティー共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)最終戦は9日、米ソルトレークシティーで開幕し、男子500メートルで22歳の新浜立也(高崎健康福祉大)が日本記録を大幅に更新する33秒83で2位となった。パベル・クリズニコフ(ロシア)が33秒61の世界新で優勝。

 従来の世界記録はクリズニコフの33秒98、日本記録は加藤条治(博慈会)が2013年に出した34秒21。村上右磨(村上電気)は34秒11で3位に入った。

 女子の500メートルは小平奈緒(相沢病院)が36秒47で自身の日本記録を0秒03更新して優勝。W杯…

この記事は有料記事です。

残り1868文字(全文2134文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです