メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

攻防再び

大阪都構想/下 深まらぬ再編論議

行政区、総合区、特別区の違い

 

 来月7日投開票の統一地方選と合わせた大阪府知事と大阪市長の入れ替えダブル選が確定し、大阪維新の会と公明党との間で対立の根源になっている大阪都構想を巡る舌戦が熱を帯びてきた。

 堺市で10日にあった街頭演説。公明党副代表の北側一雄衆院議員は都構想に言及し、「議論をして問題点を出そうと言っているのに、日程を持ち出して議論を阻止したのは維新だ」と批判した。維新との決裂が既に表面化していた年頭の大阪・梅田での演説では触れなかったが、この日は「本当に都構想をやりたいのか疑問だ」と維新を非難するボルテージを上げた。

 「公明との約束がなかったことにされた」といって辞職表明した松井一郎知事は同日、大阪府八尾市の会合後…

この記事は有料記事です。

残り873文字(全文1179文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです